古田土会計グループの
ブログ blog

「借入金はゆっくり返せばよい」。古田土流銀行との付き合い方

企業経営者の悩みの中で最も多いことは、銀行との付き合い方に関することです。例えば、借り入れをするときの話でいうと、利息、金額、期間のうちどの要素を重視するかというテーマが必ずつきまといます。

 

 

当社は期間が重要と答えます。それが倒産しないためのベストな回答だと信じるからなのですが、たいていの中小企業は借入=恐怖がつきまとい、すぐに返済したがる傾向があります。

それゆえ、返して、返して、又、借りる、の繰り返しで自ら経営を苦しくしていくのです。

 

 

当社の場合は「ゆっくり返せばよい」と指導しますので企業経営者からは驚かれます。

その理由はブログでは控えますが、他の税理士事務所は「数字を作る」ことを仕事のゴールにしていますので、私たちの様な実利のある指導はできないのだと、思います。

 

 

この類の話は、実はとても多く、私たちが中小企業から選ばれる要因の一つでもあります。

そうした背景からか、昨今、銀行から私たちへのアプローチが非常に多いのです。

 

 

銀行は企業経営者に自由に会えなくなっており、私たちの紹介を必要として訪問されます。

なので、古田土会計は銀行からの信頼度も強みとして顧客企業への借り入れの相談にのっていける、そんな構図が出来上がっています。

 

 

私たちは、経営者のあらゆる悩みに対して、業界の慣習とは一線を画して提案をしていきます。「経営計画書」の作成同様、金融機関に対する付き合い方も古田土流で対応していきます

 

お悩みがございましたら、是非、お問い合わせください。