古田土会計グループの
ブログ blog

中小企業経営者は、「社員第一主義」でなければならない

当社、古田土会計事務所の顧客企業への経営指南のベースは、「社員とその家族を幸せにすること」で、当社が実践していることを再現性高く行なっています。

 

この発想で大切なことは、会社は「お客様第一主義」、企業経営者は「社員第一主義」であることです。前者に関しては説明するまでもないでしょう。多くの企業経営者が初めに戸惑うのが後者の考え方です。

 

「社員第一主義」は、社員に高い報酬を与える、福利厚生を充実させるといった類のものではありません。当社の考えでは、経営者が会社の未来と社員の未来をそれぞれ提示し、都度、社員がその状況を把握して自らの将来設計を立てられる環境を提供することを意味します。

 

「数年後の会社と自分はどのようになっているのか」を提示できて、それを社員が共鳴できるのであれば、社員は転職活動を考えませんし、日々、経営者が策定した目標に全社員ベクトルを合わせて邁進していくはずです。

 

中小企業であれば、「社員満足」は経営者一人の力で実践することができます。

そのためには、先ず、経営ビジョンの策定、見直しが不可欠で、それらを実践するために

当社が提唱している「経営計画書」の作成が必要になってくるのです。

 

一般的な経営計画書とは一線を画す古田土式「経営計画書」作成に、興味、関心をおもちになりましたら、是非、お問い合わせください。