事例紹介 business

経営者との一体感が生まれ、売上も上がった。
  • 美容業
  • 社員数10名

経営者との一体感が生まれ、売上も上がった。

課題「経営者とスタッフとの間に意識の乖離が生まれてしまう。」

借入金を返済しながら、会社がお金を残していくためには、

毎月どの程度の売上を上げていく必要があるのかを把握することも、

それをスタッフに説明し理解を求めることも以外と難しい。

どうしても売り上げ目標対前年比何パーセントという数字を立てるだけになってしまうが、

それでは、共通の目標に向かった意思疎通が難しい状態になってしまい、

経営者とスタッフとの間に意識の乖離が生まれてしまう。

 

 

対策「会社の現状を把握してもらい、売上目標を立てて貰った。」

上司と共にお客様のもとである福井県まで訪問して、スタッフの方々に向けた勉強会を開催した。

勉強会では、会社の現状と、その上で必要な売上高をスタッフに伝えていると同時に、

一人ひとりに目標売上高を立てていただいた。

その後、各人別実績は、大きなグラフにして毎週記入する仕組みにした。

 

 

担当者より 2012年入社 小松原 彩

入社後、初めて新規のお客様のお手伝いをさせていただいて、上司・先輩に相談しながら

勉強会まで行いました。新規のお客様は「古田土さんだからこそお願いしたい」と思って来られる方々ばかり。

その期待に応えられるよう今後もお手伝いして参ります。