ホーム ホーム  > 経営者の方へ  > 銀行交渉

銀行交渉

銀行交渉とは
会社の数字といかに向き合うか、月次決算書・経営計画など、
全ての総まとめが銀行との交渉に活きてきます。

あなたの会社の決算書は、税金計算だけになっていませんか?

決算書作成の目的とは?

  • 税金計算
  • 自社の成績表
  • 銀行等の外部関係者への報告書

※銀行は、計画のある会社ほど信用する。
※銀行は、月次決算書を作成し、定期的に報告してくれる会社ほど信用する。

銀行は、格付けで会社を評価します。

だからこそ、格付も意識した経営計画を作成し、月次決算書で、毎月自分の会社がどの位置にいるのか確認しながら、経営をすることが大切です。
そして、決算前検討会で今期の格付けがどうなるのか、どうすればよくなるのかを検討し、来期の計画も作っていきます。

リスケ交渉・初めての借入 ご相談下さい!!!成功事例多数!

リスケとは?

あなたも、古田土会計を通して、数字に強い経営者になりませんか?

リスケとは?(リスケジュールとは)

リスケとは、返済条件を緩和すること。
債務の返済が苦しくなったときに、現状と今後の見通しから、返済可能なスケジュールを考えて、毎月の返済額を減らす方向で債権者と話し合いをする。
金融機関への返済可能額は 原則 税引後利益+減価償却費 ですから、それを大きく上回る返済条件だと資金はショートしてしまいます。
この状態を適正な金額もしくは会社経営の建て直しが済むまで返済条件を緩和することが、リスケジューリングです。
金融機関に、きちんとご説明すれば、返済条件どおりに返済できるように経営の建て直しが出来るように、返済金額を最大0円(半年から1年)まで緩和してもらうことも可能です。

 

ページトップへ