販売は終了いたしました

スタッフ教育でお困りのあなたへ朗報です!これで教える手間がなくなります。

かつては業績が悪化し、「無印良品はもう終わりじゃないか」と業界内でささやかれていた時期がありました。
私は、そのような“谷底に落ちていた時期"に社長に就任しています。
そこで、最初に取り組んだのは、賃金カットでもなく、リストラでもなく、事業の縮小でもなく、仕組みづくりでした。
簡単に言うと、それは
「努力を成果に結びつける仕組み」
「経験と勘を蓄積する仕組み」
「ムダを徹底的に省く仕組み」。
これが、無印良品の復活の原動力になったのです。
(中略)
リーダーに必要なのは徹底力であり、組織の向かうベクトルをまとめる、それをできるまでやる、やり遂げるしかないのだと、私は社長になった時に覚悟を決めたのです。

(株式会社良品計画 会長 松井 忠光 著 『無印良品は、仕組みが9割』(角川書店)より)

これは、大企業の経営者が書いた文章ではありますが、中小企業にこそあてはまるものです。
なぜなら、大企業には優秀な人材・大きな資本・数々のネットワーク・ブランドがあります。
しかし、中小企業には満足いくほどの経営資源はありません。
だからこそ、会社をまとめあげる仕組み・マニュアルが必要なのです。

仕組み・マニュアルがない限り、トップ・管理職がいくら凄んでも成果はでません。
それでも会社は成果を出すために、やみくもに業務をすることを社員に強いることになってしまうのです。

その結果として、売上・利益という成果がでないのはもちろん、社員にとって働きにくい環境となってしまいます。
挙句には、ヒトも集まらない、お客様も集まらない。

これこそが、中小企業がいつまでも成長・拡大できない根本の原因なのです。

あなたが目指している会計事務所はどちらですか?

会社が成果を上げるやり方として、2つのスタンスがあります。
あなたの事務所は次のどちらのスタンスで経営されていますか?

長時間労働をしてでも、何とか仕事をやりきるブラック会計事務所 or 仕組み・マニュアルを作り、生産性UPを目指す働きやすい会計事務所 もし右の会計事務所のスタンスで経営されたいのであれば、このままこの手紙を読み進めて下さい。きっとあなたのお役に立つはずです。

実は古田土会計は、業務マニュアルを毎年70セット販売してたのですが…

古田土会計は、今まで会計事務所向けに数多くのサービス・商材を販売してきました。
その中で、隠れたヒット商品が200ページにわたる「業務マニュアル」だったのです。
しかも、一度も大々的に販売したことはないのですが、毎年コンスタントに70セット以上販売していた実績があるのです。

実はこの販売実績数は、会計事務所業界で一番なのです。

とは言っても、次の3つの課題があったのも事実なのです。

昔の課題1 制作に時間がかかるから、大量生産ができない

数多くのカテゴリーのマニュアルを作ったのですが、一つ作るのに数時間もかかっていました。
そのため、満足いくだけの数を用意することができませんでした。

昔の課題2 探すのが手間だから実際の現場では使い切れていない

作ったは作ったのですが、量が多いだけにどこに何が書いてあるのかが分からないのです。
その結果として、現場では入社したてのスタッフが見るだけになってしまいました。

昔の課題3 更新するのが手間だから、昔のマニュアルのままになってしまう

マニュアルを作るときは盛り上がっていたのですが、更新するとなると一苦労なのです。
結果として、昔のルール・マニュアルのまま販売していました。

現場で使うマニュアルにするためにはクラウド化が正解でした

長年抱えていたマニュアルに関する悩みを解決すべくいろんな試みをしている最中、とあるツールと運命の出会いを果たすことができました。
それが、今回ご紹介する「古田土式業務マニュアル300α」の基礎システムである「Teachme Biz」なのです。
では、この「Teachme Biz」を利用する代表的な3つの効果をご紹介します。

クラウド化の効果その1 超スピードアップ

今までのやり方とは比較にならないほど、1つのマニュアル制作に投下する時間が激減しました。
わずか4つのステップで完成してしまうのです。

時間にすると3~5分です。
おかげで大量生産ができるようになりました。

クラウド化の効果その2 一発検索

大量に作って問題なのは、目的のマニュアルを見つけられないことでした。
しかし、クラウドですからそんな心配は一切ありません。
自分のデスクに居ながらにして、探したいマニュアルを検索すれば一瞬で探し出せるようになりました。

クラウド化の効果その3 お客様とも共有できる

お客様からご質問をいただいても、電話やメールで説明するのは結構大変です。
そんな時こそ、マニュアルのなかから適切なマニュアルを抜き出して、それをお客様と共有するだけで問題解決できるようになります。
※1、具体的には、該当するマニュアルのURLをお客様にメールをして、ご覧いただけます。
※2、該当するマニュアルを「公開」設定して初めて共有されますので、セキュリティは万全です。

“古田土式”業務マニュアル導入4大メリット

1 パートさん自身で確認するから、教える時間が減少 2 工程時間を明記しているから、業務スピードUP 3 業務の標準化により、業務ミスの発生回数の減少 4 お客様に対する指導の簡便化

“古田土式”業務マニュアル300αの全貌

1、帳簿作成標準化

  • 支払明細書(請求書)の書類を効率的に整理・管理する
  • レジロールを効率的に整理・管理する
  • 納品書注文書を効率的に整理・管理する
  • 契約書(賃貸契約書、リース契約書)を効率的に整理・管理する
  • 旅費精算書を効率的に整理・管理する
  • 金銭消費貸借契約書を効率的に整理・管理する

2、会計チェック標準化

  • 現金 実際有高と帳簿残高の一致をチェックする時のポイント
  • 売掛金 得意先別に売掛帳と帳簿残高の一致をチェックする時のポイント
  • 買掛金 仕入先別に買掛帳と帳簿残高の一致をチェックする時のポイント
  • 預り金 所得税、住民税の発生と支払の一致をチェックする時のポイント
  • 勘定科目ごとの消費税区分のチェックする時のポイント
  • 検索機能を使った交際費のチェック方法
  • 検索機能を使った少額資産のチェック方法
  • 資産計上すべきものが経費に含まれていないかチェックする時のポイント

3、決算関連標準

  • 決算日の現金実査 現金実査表の作成する方法
  • 決算日の実地棚卸 棚卸表の作成する方法
  • 当座預金が一致しない場合の当座照合表の作成方法
  • 固定資産台帳と現物を確認する時のポイント
  • 売掛金の残高照合する時のポイント
  • 資本的支出・修繕費の確認する時のポイント
  • 保険料・保険積立金の処理確認する時のポイント
  • 買掛金・未払金の残高照合する時のポイント
  • 利息の税金(国税、地方税)の計算を効率的に行う方法
  • 源泉所得税 納付書の書き方
  • 源泉所得税 納付書(納期の特例)書き方
  • 源泉所得税がある請求書の例
  • 0納付の方法
  • ダイレクト納付
  • ペイジーを利用した納税

4、社内事務標準化

  • 年賀状の送付
  • 倒産防止共済掛金の申し込みをする方法
  • 小規模企業共済の申し込みをする方法
  • 休業のお知らせを通知する方法
  • 年賀状の送付方法
  • 入社手続きの方法
  • 退職手続きの方法
  • 業務災害手続きの方法
  • 通勤災害手続きの方法
  • 健康保険給付手続きの方法

5、資料保存合理化

  • 解約したお客様の資料保存合理化
  • 休眠したお客様の資料保存合理化
  • 保険管理ファイルの取り扱い
  • 新規のお客様資料回収方法
  • 解約したお客様の資料返却方法
  • 7年分の帳簿書類保存方法

6、会計ソフト操作合理化(48個)(他ソフトの場合は、まず本マニュアル分を複製し、今後自ら撮る写真に差し替えて活用してください。)

  • 伝票辞書をオリジナル仕様に切替える
  • 複数社ある場合のファイルの借り換え
  • 入力効率を上げる環境設定
  • 勘定科目ごとのサーチキーの登録
  • 勘定科目ごとの消費税区分の設定
  • 部門設定方法
  • データ受送信機能を使ったファイルのやりとり
  • 仕訳入力時に選択リストを自動表示する方法
  • 借入金の返済の仕訳入力
  • 借入金の調達仕訳入力
  • 顧問料等 源泉が発生する仕訳入力

7、会計で活用できるPC操作(13個)

  • 月ごとの合計金額を求める
  • 1行おきに数値を合計する
  • オートフィルタ―で抽出した値だけを合計する
  • 条件に合致したデータの個数を調べる
  • シートに記載した複数の条件に合ったセルを数える
  • 得点が目標以上なら「○」と表示する
  • 重複しているデータに「○」をつける

古田土会計の戦略システム課がこれから毎月追加・更新します!

古田土会計のためにも、世の会計事務所のためにもわれわれ戦略システム課が、毎月毎月1つのテーマごとにマニュアルを追加・更新していきます!

ちなみに、現在予定しているマニュアルのリリースのテーマと数量は下記の通りです。
(数量はあくまで目安ですが、20個以上はリリースします。)

2015年 9月 追加済 パートさんが稼ぐようになる給与計算標準化 20個
2015年10月追加済 入社10ヶ月でも一人でできる年末調整標準化(年末調整・住民税) 20個
2015年11月追加済 入社10ヶ月でも一人でできる年末調整標準化(法定調書・償却資産等) 20個
2015年12月追加済 入社10ヶ月でも一人でできる確定申告標準化 20個
2016年1月追加済 入社10ヶ月でも一人でできる確定申告標準化 その② 20個
2016年2月追加済 作業スピードが大幅にUPするPC合理化(確定申告編) 20個
2016年3月追加済 作業スピードが大幅にUPするPC合理化(決算編) 20個
2016年4月追加済 社労士お墨付きの社会保険手続き標準化 20個
2016年5月追加済 製販分離に必要不可欠!自計化支援標準化 20個
2016年6月追加済 パートさんが稼ぐようになる給与計算標準化 その② 20個

あなたの事務所用に編集も可能

古田土会計自慢の業務マニュアルではありますが、あなたの事務所で活用するうえで唯一欠点があります。
それは、あなたの事務所に完全に当てはまるかは定かでないことです。
具体的には、利用している配送業者、事務所内ルール、使っている会計ソフトなどがそれに該当します。

しかし、ご安心ください。
「古田土式 業務マニュアル300α」を利用される会計事務所の方々には、「古田土式 業務マニュアル300α」をベースに、自社内のマニュアルにカスタマイズできるようになっています。

作業は2ステップと実に簡単です。
(① 写真を撮る → ② 差し替える)
念のために、カスタマイズマニュアルも差し上げますから、安心してご利用ください。

古田土会計の業務マニュアルを手に入れ、あなたの事務所の時短に貢献する月額コストは?

7,000円/月(税抜き)
(内訳 Teachme Bizシステム利用料 5,000円、古田土経営 維持管理費 2,000円)

  1. ※1 編集含め全機能が利用できるメンバーは、5名までです。
  2. ※2 マニュアルの閲覧のみ可能なユーザーゲストは、何人でも構いません。
    ただし、ゲストのマニュアル閲覧回数(全ゲストの閲覧数の合計)の上限は100回/月です。
    (断定はできませんが、10名までの会計事務所であれば十分範囲内に収まります。)
  3. ※3 契約はご利用開始日から1年間の契約となります。
    (お申込みいただいた日から約10営業日後が目安となります。正確な契約期間は、お申し込み後お伝えいたします。)
  4. ※4 料金は12か月分を一括前払いとなります。また、契約期間途中での解約はできません。
  5. ※5 料金は24か月分一括払いも可能です。なお、この場合契約期間は2年となります。
    1年契約同様、途中解約はできませんのでご了承ください。
    24か月分をご希望の場合は、こちらからご依頼ください。

お支払方法は、下記フォームに必要事項を入力しお申込みいただきますと、1営業日内にTeachme Bizを運営する株式会社スタディストから請求書が発行されます。そちらの内容にて指定の銀行口座にお振込みください。

まずは30日間お試ししたい方は・・・

時短による削減コストと比較すると…

あなたに、この価値がどれほどのものか理解していただきやすいように、古田土式 業務マニュアル300αを導入した場合としていない場合とで比較してみます。

まず、導入しないで今のまま過ごすとしたら下記のコストとリスクがかかると想定できます。

① 残業代
例えば、パートさん1人が週に1回1時間残業をしたとしたら
年間約4万円かかります。
② 退職リスク
非効率な職場環境に対するスタッフの不満からの
退職リスクの上昇。
もし残業代を払っていなければ、なおさらですね。
③ 採用コスト
売り手市場ですから、採用コストはますます上がります。
(10~30万円/回募集)
④ チャンスロス
お客様数を受け入れる余裕が事務所になければ
発生する可能性大です。
⑤ 社員満足度
スタッフの方々にとって働きやすい環境は
何にも代えがたい価値(プライスレス)です。

これらの5つのコストとリスクを金額に換算すると、数十万円かかることは容易に想定されます。

一方、今回の「古田土式 業務マニュアル300α」を導入すれば、これらのコストとリスクを大幅に削減することができます。

古田土式 業務マニュアル300α(特典付)年間90,720円(Teachme Biz 利用料64,800円含む)VS現状あなたが抱える5つのコストとリスク年間10万円以上(?)

さあ、実際にあなたの事務所に当てはめて比較検討してみてください。

ズバリ、導入をした方が良い会計事務所とは…

とは言え、どの会計事務所に当てはまるとは思っていません。
そこで、われわれが「古田土式 業務マニュアル300α」を導入した方が良いと想定した事務所の特徴を検討しました。

下記の7つのチェック項目のうち、5つ以上当てはまるのであれば導入することを強くお勧めします。

  • 年に1人以上のパートまたは社員を採用している。
  • 事務所に整備されたマニュアルがない。
    あったとしても、活用しきれていない。
  • 普段忙しいために、スタッフにつきっきりで教える時間がない。
  • スタッフ間で作業スピードにバラつきがある。
  • 会社ごとに個別対応しているので、担当替え(標準化)がやりづらい。
  • スマホを使っているスタッフが複数名いる。
  • 時短を実現させたいと願っている。

いかがでしたか?
この7つのチェック項目のうち5つ以上当てはまるのであれば、「古田土式 業務マニュアル300α」は、あなたの事務所の時短のお役に立つはずです。

よく頂くご質問をQ&Aでまとめました。

自分が欲しいと思っていたマニュアルがなかったらガッカリなんですが…
お申し出いただければ、作成に取り掛かります。

こちらへご希望のマニュアルをお申し付けください。
※作成までには、一定の期間をいただきます。
※場合によっては、ご希望に添えないこともございます。
   あらかじめご了承ください。
果たしてうちのパートさんで活用しきれるのか不安です。
30日間完全無料の「古田土式業務マニュアル100」をお試しいただけますので、ご利用のうえご判断ください。

古田土式業務マニュアル100はこちらから。
※メールアドレスを入力するだけで登録可能です。
うちの事務所のやり方と少し違うので、加工したいのですが・・・
写真を撮って貼り替えるだけで複製も編集も可能です。

業務マニュアル300αをテンプレートとして考え、
ご自社のマニュアルへカスタムして活用していただければと存じます。
詳しい方法はこちらをご参照ください。
有料プランにした場合、無料プランで作成していたマニュアルを引き続き利用できますか?
はい。そのまま継続してご利用いただけます。

古田土式業務マニュアル100より複製し、
編集したマニュアルもそのまま利用できます。
Teachme Bizにはいくつかの料金プランがあると聞いたのですが・・・
利用人数によって、料金プランは異なってきます。
申込み時には下記の赤枠のプランが選択されています。


古田土式業務マニュアル300αは上記利用料+2,000円となります。

Teachme Bizの利用料は、通常は月5,000円(年間60,000円)のプランで良いと思います。
なお、ページ下部にある申し込みフォームは、迷わなくてよいように月5,000円(年間60,000円)のプランで申し込めるようにしております。
契約期間内にプランの変更やオプションの追加は可能ですか?
はい。可能です。

変更による増額分は「差額×残期間分」をご請求いたします。
請求は、Teachme Bizのシステムを運営している株式会社スタディストより請求書が発行されます。そちらの内容にてスタディスト社指定の銀行口座にお振込みください。
なお、請求は申込みいただきました翌月分より適用となります。
(※ダウングレード、オプション解除による減額分の返金は、12ヶ月または、24ヶ月契約のためございません。あらかじめご了承ください。)
退会したい時はどうすればよいですか?
こちらにて受け付けております。

※ただし、12カ月契約・24カ月契約のため、契約途中で退会となりましても、
   差額の返金はございません。
   あらかじめ、ご了承ください
スマートフォンやタブレットに対応していますか?
対応しています。

iOS(iPhone版、iPad版)、Android(スマートフォン版)のアプリがあります。
アプリは下記よりインストールできます。
download on the App Store Get it on Google play
使用できる端末の数に制限はありますか?
お使いの スマートフォン、Mac または Windows パソコンは1ユーザーあたり、最大 8 台の端末でご利用いただけます。

8台を超える端末でアクセスの場合は、アクセスの古い端末から順に強制チェックアウトされます。
利用規約はどのような内容ですか?
Teachme Bizの一般的な利用規約はこちらをご参照ください。

有料サービス個別規約はこちらをご参照ください。

それぞれご確認の上、ご利用・お申込みください。
機能や使い方、その他の質問はどうすればよいですか?
古田土式業務マニュアル300αの内容につきましてはこちらから

Teachme Bizに関してはこちらから

お問合せください。

時短を実現できる“マニュアル”を手に入れるには、今すぐお申し込みください

今まで10年以上にわたり紙ベースでの古田土会計マニュアルを販売してきましたが、今この瞬間以上に興奮したことはありません。
なぜならば今回一般公開するマニュアルは、古田土会計の総力を挙げ作り上げたマニュアルであり、実際に活用しているという自負があるからです。
そして、今回はこの「古田土式 業務マニュアル300α」を世の会計事務所のみなさんに使っていただくことで少しでも、各事務所の時短のお役に立てると思おうと感慨深いものがあります。
われわれ古田土会計は、業界のリーディングカンパニーとして1事務所でも多くの事務所が時短を実現し、そこで働くスタッフの方にとって働きやすい環境となることを切に願っています。

ですから、これを機会にマニュアルを活用し、真剣に時短に取り組もうという決心をされたのであれば、忘れないよう今すぐお申し込みください。

税理士法人古田土会計の会社概要と実績のご紹介

会社概要

所在地 東京都江戸川区西葛西5-4-6 アールズコート1~3階
職員数 160名(うち正社員 125名、パート35名、2015年7月現在)
代表 古田土 満
平均年収 560万円(平均年齢32.5歳)
年商 13億3,600万円 (顧客数 1,900社、2015年7月現在)
利益 3億円(2014年12月期実績、売上高経常利益率 業界一)
借入金 0円(自己資本比率90%以上)

会社実績

東京都と江戸川区(東京都)からワークライフバランス認定企業として選定される。
経営計画書と月次決算書を2大商品とし、営業活動することなく創業以来32年間増収中
経済産業省の「おもてなし経営企業30選」・「がんばる中小企業300選」に選出
元気な朝礼の見学者数業界一(600~800名/年が参加、過去2度TVでも紹介される)
会計人向けのセミナー参加者のべ6,000名以上
中小企業向けへの経営計画作成支援実績数 業界一
代表 古田土満 著「中小企業は行列のできるラーメン屋を目指せ!(秀作社出版)」は、amazon総合第1位を獲得
「お役立ち会計事務所 全国100選 2015年度版(実務経営サービス)」にも選出される。