あなたの会社に元気と未来を届けます!

STRENGTH 日本一ご紹介をいただける理由

循環型社会の実現へ。

会計・税務業界の常識を
超える「独自」のサービスで
黒字化率78.5%
実現する
国内最大規模の会計事務所です

国税庁から発表された情報によると、約269万社のうち黒字企業はわずか37.4%。
それに対し、古田土会計グループは数字の指導をしているお客様のうち78.5%ものお客様が黒字化を実現しています。

その理由は、一般的な税務・経理業務代行だけでなく、企業様の成長拡大を実現するために必要な「増収増益」「資金調達」「人財育成」を高レベルでサポートしているからです。

経営課題でお困りの企業様や、他の会計事務所に依頼してもなかなか成果が出ずにお悩みの企業様にも、私たち古田土会計グループが必ず力になります。

古田土会計グループと他の会計事務所の違い

STRENGTH 01 増収増益

利益の出し方・お金の残し方が
分かりやすく見れる
オリジナル月次決算書の
活用で増収増益をサポート

成長している企業の経営者や幹部に共通していること。

成長している企業の経営者や幹部に共通していること。
それは、数字に強く、その読み方をしっかり身につけていることです。
決算書や残高試算表の記載内容の意味を理解できれば、「どこに手を打てば利益を出せるか」「どうすればお金を残すことができるか」が判断しやすくなりますが、実際は多くの中小企業経営者が数字を読んだり活用することを苦手としています。

そこで古田土会計グループでは、どの数字を見て手を打てばいいか全社員が理解できるような分かりやすい試算表「古田土式月次決算書」を毎月作成し、専門スタッフが専門用語を使わずに数字の解説や利益シミュレーションなどを行なうことで、「利益の出し方」「お金の残し方」を丁寧にご説明します。

図やグラフで視覚的に経営分析をすることで大切な数字を見える化する

売上高予算実績比較グラフや粗利益予算実績比較グラフなどの「月次決算書」は、お客様のもとへ訪問した上で実際の読み方・使い方を丁寧に指導させていただいています。
ただ売上や費用、利益だけを見るのではなく、それぞれの数値を図やグラフで視覚的に比較することで、予算やキャッシュフロー、粗利や固定費、人件費など、経営判断を促進するための適切な数値を切り分けて見える化します。
見るべき数字の見方がわかり、読めるようになり、最終的には作れるようになれば具体的な経営戦略が見えてきます。

未来会計図表
売上高予算実績比較グラフ
粗利益予算実績比較グラフ
経常利益予算実績比較グラフ
年計グラフ(売上高・粗利益・固定費)

未来会計図表

未来会計図表

未来
会計図表

売上高予算実績比較グラフ

売上高
予算実績
比較
グラフ

粗利益予算実績比較グラフ

粗利益
予算実績
比較
グラフ

経常利益予算実績比較グラフ

経常利益
予算実績
比較
グラフ

年計グラフ(売上高・粗利益・固定費)

年計グラフ(売上高・
粗利益・
固定費)

STRENGTH 02 資金調達

資金調達の支援などを通じて
強固な財務体質をつくる

経営者の中には

経営者の中には「利益=資金」と勘違いし、儲かってさえしていれば安心だという人がいます。しかし、会計上の利益は現金を表しているわけではないので、計算上の利益と実際の現金にはズレが生じます。
そのため、利益が出ていてもすぐに支払に利用できるお金が増えなければ、取引先への支払いや従業員の給与の支払いができなくなり、会社の存続が危険な状態に陥る可能性もあります。

そのような事態を防ぐためにも、銀行出身者も多数在籍する当社の専門スタッフが毎月のキャッシュフロー計算書などを用いて、資金調達だけでなくお金の増やし方をご説明いたします。
潰れにくい会社づくりの実現に向け、企業様の未来の財務体質強化をサポートさせていただきます。

毎月のお金の流れを正確に把握することで売上目標を明確にする

キャッシュフロー計算書は儲けた利益がどこへ消えたか、お金の残し方を確認できるツールです。
一般的には年1回しか発行しませんが、当社では毎月作成し、顧問先企業様に決算前検討会や打ち合わせの際にご説明しています。
そうすることで、毎月のお金の流れを正確に把握し、今後の売上目標をより明確にすることができるのです。
また、その他にも資金の源泉・使い道の計画を立てられる簡易資金運用シミュレーションや資金運用計画表などもご利用いただけます。

キャッシュフロー計算書(当月)
資金別貸借対照表
簡易資金運用シミュレーション
資金運用計画表
目標B/S

未来会計図表

キャッシュフロー計算書(当月)

キャッシュフロー
計算書
(当月)

資金別貸借対照表

資金別
貸借対照表

簡易資金運用シミュレーション

簡易資金
運用
シミュレー
ション

資金運用計画表

資金運用
計画表

目標B/S

目標B/S

STRENGTH 03 人財育成

「魅せる会計事務所」としての取り組みで培った
理念教育と人材育成の仕組み

人間性向上やサービスの質向上&お客様満足アップのために、社員一人ひとりが人間性教育や技術教育を受けることで訓練されています。
顧問先企業様の未来像の実現のために、訓練・教育を受けた担当者が、税務処理に特化した一般的な会計サービスの枠を超えて、
経営に関する様々なサポートをさせていただきます。

「人間性向上」と「お客様満足」を目的とした教育

挨拶・掃除・朝礼などの人間性教育による「社員の人間性を高めること」と、ロールプレイングや現場指導などの技術教育による
「お客様満足の向上」を目指しています。

人間性教育x技術教育

人間性教育

人間性教育

現場・社内中心(実地教育)

  • 意識教育(勉強会等)
  • 意識教育(勉強会等)

    〈挨拶 〉相手に関心を持つこと
    〈 掃除 〉心を磨き、気づく人間になる
    〈 朝礼 〉人間性を高める

  • 読書(ものの見方・考え方を学ぶ)
    ・良書を月1冊以上 ・読書感想文
  • 規律(守り、即実行すること)

技術教育

技術教育

アウトプット中心・実践型

  • インプット(深い理解)
    ・勉強会 ・eラーニング ・自主学習
  • 訓練(繰り返しトレーニング)

    ・オーディション 
    ・サンプルトレーニング
    ・ロールプレイング 他

  • 実践(現場を見る、実務で使う)

    ・同席、参加 ・2人担当制 
    ・現地監査
    ・社内での現場指導 他

社員が各自の目標を明確にできる「成長のステップ」を設定

社員が各自の目標を明確にできるように、「成長のステップ」を設定。次のステージを目指す社員を、会社として全力でサポートしています。

社員が各自の目標を明確にできる「成長のステップ」を設定

全社一丸となってお客様満足を実現する体制

古田土会計グループでは、日本で一番お客様から喜ばれる事務所になることを目指して、全社で万全の教育体制およびフォロー体制を確立しています。

  • ●訪問前のロールプレイングの実施
  • ●チェックリストの運用を通じた社内監査
  • ●上司の同席や2人担当制によるお客様支援 など

これらの取り組みや仕組みは、人財育成ノウハウの一事例としてお客様にも積極的に公開・提供しています。

全社一丸となってお客様満足を実現する体制

経営理念の浸透+話す訓練ができるディスカッション朝礼

朝礼の際、所員同士でディスカッションを行なっています。
テーマは、経営者の方から受ける「よくある質問」です。
経営計画書を活用してどう回答すると伝わりやすくなるかを話し合います。
サイトに役職者が議論をまとめることで、アウトプットとインプットの両方を同時に実施できるのが大きな特長です。
この朝礼によって経営理念の浸透を促進し、同時にお客様の伝わるように話す訓練としても役立てています。

月次決算書などの
古田土会計グループが
ご提供するサービスについて
詳しく知りたい方は
こちらをご覧ください。